主婦まっしぐら

やるならとことんやる。料理や掃除、節約など主婦生活を楽しくするブログ

*

【蹴りたい背中】から思い出す高校生時代

      2014/09/23

mini_o0600045011640192554
今日は、パートナーとのランチの後、買い物して帰って、家にこもりっきり。DVD見ながら仕事して、本を読んだ。

今更ながら…読んだのは今日買った本の中の1冊。
  
 
なんと言うか…私は批評家ではないので、他の人が書いた作品に対して「あれが良かった」「これがどうだった…」というのは、なんか違う気がするんだけど…

あー、これは、今の私には書けないな…と思う部分があったり、あー、これはうまいな…と思う部分があったり。今まで、ビジネス書が多かった私は、実は小説ってあまり読んだことがない。が、これからはガッツリ読んでみようと思ってる。

でも、こんな記録じゃ、読んで何を思ったかが、自分の記録としても残らないわけで…そんなんじゃ、ここに書き記す意味もなくなってしまうので…

ちゃんと書こうと思います。はい、書こうと思います。
 
 
高校生が主人公のこの小説。高校生時代なんて、既に10年ほど前の話なんだけど…確かに、高校生の頃そんな風に考えてたなぁとか…私はこの主人公たち2人とは、違う世界で生きてきたわりには、同じように共感できる部分があって、でも、その微妙な思いが顕著に現れる2人が主人公だからこそこの本は面白いんだろう、と思う。

そして、その感情をこんな風に細かく言葉にできるのは、きっと著者、綿矢りささんにとって、高校生の時の思いが言葉として表せれるほど確かに残っているからなんだろう。

私は、自分が育った、この20数年間を、こんな風に思い出し、言葉にすることができるだろうか?

感受性は豊かな方である。そして、自分が感じたことを言葉にする術も知っている。

が…あの時、高校生のときの私は…何を見てどんな世界観の中生きていたんだろう?と思い返そうとしたものの…

コンビニもない田舎町で育った私が、高校生の時の1番の思い出として思い浮かぶのは、間違いなく、近所のスーパーのベンチで彼と並んで食べた、総菜コーナーの唐揚げである。

そして、あの唐揚げは、当時の私にとって確かに極上の一品だった。

…なんの話?

 - 読書感想文

サイド広告

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

3分で読破!【人間失格】あらすじと引用(ネタバレ)

【人間失格】 作者:太宰治(執筆時39歳) 昭和23年(1984年)発行 概要や …

“あの頃の誰か”は、あなただったかも

私が大人になって、初めて買った小説は東野圭吾さんだった。 思い起こせば、あれは就 …

歩くのがもっと楽しくなる【旅ノート・散歩ノートのつくりかた】

旅行は行ってる時も楽しいけど、行く前にいろいろ調べる時の方がワクワク楽しめるタイ …

徹底解明!【人間失格】「遺書」と言われる太宰治の捨て身の問題作

【人間失格】 作者:太宰治(執筆時39歳) 昭和23年(1984年)発行 あなた …

【本:対岸の彼女】あらすじ&親友から教わったこと

【対岸の彼女】 作者:角田光代 2004年発行 直木賞受賞作 角田光代さんの本は …

徹底解明!【ジェントルマン】山田詠美が綴る究極の愛し方

【ジェントルマン】 作者:山田詠美(執筆時52歳)  平成13年(2011年)発 …

日本語教師のコミックエッセイから学ぶ【日本人の知らない日本語】

今日はいつもと雰囲気を変えて、図書館を歩いていたら3巻全部揃っていたので、気にな …

矢幡洋著【病み上がりの夜空に】あらすじ&感想

先日、携帯を持ってぐだぐだサーフィンをしていた時に、偶然1つの記事を見つけた。 …

徹底解明!【憤死】綿矢りさが呼び込む人生という無意識下の恐怖へ

【憤死】 作者:綿矢りさ(執筆時27歳) 平成14年(2012年)発行 あなたの …

【ベッド・タイム・アイズ】男と女を書く…

もの書きになろう!とか言ってる私だけど…実は今まであまり小説は読んでこなかった。 …