主婦まっしぐら

やるならとことんやる。料理や掃除、節約など主婦生活を楽しくするブログ

*

洗濯機が壊れても大切な服を守るために必要なたった1つのこと

   

2339581
朝の迎え方は大切である。この写真は、平日の私の朝ごはん。トーストをこんがり焼いて、ハムと目玉焼きを載せて、ソイラテとセットで頂く。極至福の時である。ちなみに「朝のフルーツは金の賜物である」というので、この30分前に実家から送ってもらった柿を食べている。

23395812
そして、この写真は先週末の土曜日の朝に作ったフレンチトースト。旦那さんが起きてくる前に卵と砂糖と牛乳に2時間ほど漬けておいて起きてくるころにキレイに焼いた。シナモンとベリーをかけて出来上がり。

こんな朝を迎えた日は1日が充実していて気分がイイ。

が、毎度毎度、こんな素敵な朝が迎えられるわけではない。今日は朝から大変な1日だった。

—————–
目次
トレーニングに行こうと思って早起きしたものの…
時々信じられないことが起こるうちの洗濯機
使い物にならない洗濯機と旦那
干していて気づいた思わぬこと
—————–

トレーニングに行こうと思って早起きしたものの…

先週末、日曜日にスポーツクラブに行って身体を動かすことの楽しさを知った私たち夫婦は今週末もスポーツクラブに行こうと約束していた。

今日、土曜日には朝の9:00からヨガのクラスがあったので私はそのクラスから参加して、旦那さんは後から11:30から始まるクラスに間に合うように起きてくる予定になっていた。

なんとか早起きしてギリギリ間に合うかな…と時計を確認し、洗濯を済ませた私は洗濯機を開けて驚いた。

洗濯機の中の服に恐ろしいほど紙がからまっていたのだ。

「デジャブだ………」
 

時々信じられないことが起こるうちの洗濯機

以前、こんな記事を書いたことがある。

>>浮気発覚?!決して洗濯機に入れてはいけないもの

洗濯物の中に紙が入っていた時の悲劇を知っている人は多いと思うけれど、ポケットの中に入った1枚程度のレシートであればそう大きな被害は出ない。

私がかつて起こした最大の悲劇は雑誌1冊を一緒に洗ったことだ。(上記記事参照)その時には「何が起きた?!」と思うほどの紙の量が出てくるのでもう泣きそうになった。

そして今朝、洗濯機の蓋を「るんるん気分」で開けた私はあの時と同じ恐怖を感じて凍り付いた。一体今度は何を回したというのだ?!
 

使い物にならない洗濯機と旦那

が、洗濯物をゴソゴソ探ってみるも何も出て来ない。そして気づいた。洗濯機についているゴミを取る用のネットが破れているではないか…つまり、ゴミが洗濯物と混ざってしまってらしい。

泣きそう。

コレでは何度洗っても服にゴミがついてしまう…。まだすやすやと夢の中を彷徨っている旦那さんに「洗濯機のネットが破れましたけど、どうしますか?」と大した返事は期待していないけれどもしかしたら何か良い案をくれるのでは?という若干の甘い期待を胸に声をかけたら「電気屋に行く」と眠りながら当たり前の返事をしてきた。

私:多分取り寄せになるから今日洗濯できなくなると思うんですけど…
旦那さん:縫うしか無いわぁ…zzzzz
私:誰がやるの?
旦那さん:陽ちゃん…zzzzz
私:………。(がっかり)
旦那さん:つらたん…(´・ω・`)zzzz

使えない旦那さんを後にして、ネットを縫ってもう一度洗濯物をした。が、少しはとれたもののこびりついたゴミや紙は取りきれず、一度そのまま干してガムテープでとることにした。
 

干していて気づいた思わぬこと

雨で部屋干しをしようと思っていたけれど、部屋の中で干していると部屋中にゴミが散らかってしまうので、しかたなくベランダに出て1着1着服を振り回した。ヘビメタのライブに参加しているかのごとく全身を使って服を振り回した。

その時、あることに気づいた。私の服には全く紙もゴミも付いておらず、被害にあっているのは全部旦那さんの服だ。

私の服は私が大切に扱っているので、ほぼ全部ネットに入れて洗っている。つまりネットが余計なものをよせつけないように防いでくれていたのだ。残念ながら旦那さんの服だけが被害にあっているので、もう一度洗わなければならないという結果になった。
 
まとめ:大切な服を守りたければとりあえずネットに入れて洗うべし
 
……が、そうこうしているうちに午前中が終ってしまって、もうスポーツクラブどころじゃなくなってしまった朝だった(●´⌓`●)

 - 主婦職 ,

サイド広告

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

2014年12月31日をもって「イイ嫁」を卒業します

【お知らせ】以前のアドレスotona-room.jpのアドレスが使用不可になるた …

主婦休みの日に主婦を休むための心得

8月11日が「山の日」として祝日になりましたが、世の中の主婦の方々、「そんなもの …

若い女性の45%は専業主婦希望!専業主婦って幸せ?

先日、国立社会保障・人口問題研究所による第5回全国家庭動向調査(2013年調査) …

年賀状作成における夫婦の揉め事あるある3つ

今、うちは揉めています。大揉めです。理由は年賀状です。今日までに入稿すれば10% …

世の男性がお嫁さんに求めている6つのこと

先日、西島秀俊さんと旦那さんを比べてみたので、旦那さんも逆に私に言いたいことがあ …

専業主婦になるには、年収いくら以上の男と結婚すべき?

最近、旦那さんが帰ってくる時間に頑張っておきてごはんを出してあげるようにしている …

100%効果有!旦那さんへの家事の依頼が叶うお願い方法3つ

旦那さんに「来年って干支何?」と聞いたら、「子(ね)」から順番に言い始めた。 旦 …

【ハウスワイフ2.0】とは?彼女たちはどこに向かうのか?

今話題のハウスワイフ2.0という本を読んで感想文をまとめていたら、4,000文字 …

本【夫をお金持ちにする習慣】旦那を王様扱いするのが大切?!

今日、前職の仲良しとランチしてきた。うちの旦那さんという肩書きを持つ王様が、仲良 …

良き妻?強い妻?日本史教授の語るサムライの妻【ハーバード白熱日本史教室】

最近、”主婦”という定義や”主婦が働く&#8 …