主婦まっしぐら

やるならとことんやる。料理や掃除、節約など主婦生活を楽しくするブログ

*

入社試験や入学問題は一般常識では太刀打ち不可!作文・小論文の難問対策法!

      2014/09/23

642559_89524063
センター試験が終わって、高校生はこれから志望大学の入試に向けて本番というところだろう。もちろん大学生だけでなく、小学校、中学校、高校と、入試に向けて努力している人たち、それから就職活動で日々歩き回っている人たちもいるだろう。

だが、いくら勉強しても、いくら備えたつもりでも、なんとも対応し難い奇抜な問題を出す学校や企業が近年増えてきているという。

—————–
目次
過去の出題問題に見る、どんな問題が奇抜な問題?
奇抜な問題を出す狙いと背景。その反応
奇抜問題への対処法は恋愛や合コンにあった?!
—————–

過去の出題問題に見る、どんな問題が奇抜な問題?

過去に出された試験にはこんなものがあった!

・マンホールはなぜ丸いか?
・自分を電化製品にたとえるなら何ですか?
・ジャンプ、サンデー、マガジン。少年マンガで好きなのはどれ?
・あなたが一番笑いをとれる鉄板ネタを披露してください
・友人と同じ企業で、あなただけ内定が出た場合、どう友人を慰める?
・魚のいない海で魚を釣りあげるための方法を考えてください
・ハワイ島の重量を計る方法を答えなさい
・中高年層のポケモンファンを会得する方法は?

海外でも奇抜な問題は出されている!

この傾向は米国のエリート大学でも見られる。ニューヨーク・タイムズ(USA)によると、小論文の入試問題で

・選べるなら、ロボット、宇宙人、恐竜のうち誰を育ての親に選びますか?
・あなたが一番好きなジョークを、面白さを損なわずに説明してください

などという質問が大学入試や企業の入社試験で出されている。
 

奇抜な問題を出す狙いと背景。その反応

1025342_36906464

奇抜な問題を出すには狙いがあった

数学のようにたった一つ正解がある、というわけではない小論文などの課題を出すことで、世間の出来事への関心や、独自性や想像力、説得力などのコミュニケーション力を測ることができる。

その課題を通じて大学や企業の特性を伝え、その特性に合った人を採用したいと考えている面が大きく、解答の正誤よりも、その解答に行き着くまでの論理的思考力や発想力をみるのが目的と言われている。

今は誰もが基準以上の学力、成績という背景

この背景には、優秀というだけでは、太刀打ちできなくなってきた世の中において、独創性も持ち合わせた人を選出することにある。

実は入試においても就職活動においても、学力や成績、課外活動などの面でみると、今やそうそう大きな差は見られない。そのため、従来の問題や課題だけでは選ぶことができないのだ。

その一方で、コミュニケーションや独自性を持ち合わせているクリエイティブな人はなかなかいない。学校・企業が求めている、こういった人たちこそ、これからの時代勝ち残っていけると言えそうだ。

この奇抜問題に関して受ける側の反応は?

「クリエイティブな面をアピールできる」と歓迎する人もいるがあくまで少数派であり、多くの人は、学んできたことを機械的にこなしていく問題を歓迎している。
 

奇抜問題への対処法は恋愛や合コンにあった?!

1120220_21004722

これだけは準備しておきたい4つのこと

では、こんな問題が出た場合にどうすれば良いの?という話だが、そんな問題に備えて必ず用意しておきたいこの4つ。

・自分がこれまで何を学び何に打ち込んできたのか
・何を考えなぜそうしてきたのか
・今後の展望について
・入りたい大学や企業の特性

事実、一見珍問題に見える問題も、よくよく考えると、だいたいの場合そこには意図がある。そのためには、相手を知り、自分に伝えられることを論理的に、説得力を持って伝えるのが大切である。

実は合コンや恋愛は実践を積む最高の場?

自分を知って、相手を知る。そう、これは恋愛や合コンと一緒である。そしてそんな人と人とが本音で交わる場所にこそ、珍問題は眠っている。恋愛中に思いがけない質問をされたことはないだろうか?その時に、なるべく相手の気分を害さず自分の有利に向かせようとするものではないだろうか?

そう、コミュニケーション力、説得力ともに、人づきあいや相手を楽しませる独創性などを考えると、恋愛も入試も入社も全て一緒である。
 
 
覚えておきたいのは、これらの難問には正解があるわけではないので、正解を探す必要はない。これは、自分の魅力を伝えるチャンスでもあるので、焦らずリラックスして挑もう!
 
 
 

 - 中・高校生

サイド広告

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

スーパー高校生を求めて東大が推薦入試を導入!どんな学生が狙い?!

2014年1月29日、東京大学は2015年の秋から推薦入試を実施すると発表した。 …